Friday, August 22, 2008

August21,08 @ TOR L3-14

Short night for Sidney
Box Score (MAJOR.JP)

馬から落馬、惨めな惨敗

どんな負け方をしても1敗は1敗。162試合もやれば、こういう日もある。そう割り切れればいいのだが、実際は惨めをいくつ重ねても足りない。知らぬが仏とはよくいったもので、こんな時は予備知識がわずらわしい。

さてと、まずはポンソンから。アンラッキーなヒットでランナー溜めて、ガツンとやられた。まあ今までが出来すぎっていうか、ここまでよく持ったよ。球はそれなりに速いし、シンカーもキレる。低めに投げれば通用するはずだけど、そろそろ捨てられるかもね。

その後のロバートソンも悪かった。タイミングの問題で書かなかったけど、この投手もたいしたことない。ストレートとカーブの二刀流じゃ厳しいでしょ。同じタイプのヒューズでも苦労してるのに、それを小粒にした感じだから。でもなぜか信頼されてるんだよな。

デビッド・ロバートソン 防御率5.96 投球回22.2 被安打21 与四球12

そのロバートソンはランナーを2人残して降板。代わったのが左のトレーバー。これにはマジで笑った。左が続くのが理由なんだけど、7点差ですよ。7点差!相手があのハラデーじゃすでにゲームオーバーだって。勝負を捨てない執念を感じる?

まあそうなんだけど、それなら第1戦でリンドの時にマルテじゃないか?ほぼ勝てない試合では気にして、接戦で放置じゃ筋が通らないよ。トレーバーはモップアップだって?モップアップでも左にこだわる綿密な采配か。覚えておこう。

ビリー・トレーバー 投球回2.1 被安打7 与四球1 自責点4

その結果がこれ。シーズン前にも書いたように、この投手はダメ。ブリトンにしてもそうなんだけど、どうしてこういう選手がブルペンにいるんだろう。ヤンキースって金持ちじゃなかったっけ?ああ、だから高い金出して獲ったホーキンスを捨てたわけか。

MLB Salaries (2008)- CBSSports.com

しかしファーンズワース出してブルペンが崩壊してるんじゃ、どうしようもない。チーム批判した罰?なるほど、シェフィールドやプロクターと同じ運命ってことか。てことはここに単打製造機がいれば、今頃鉄格子の中だな。罰だのいじめだのって、プロの世界も意外とレベル低いんだ。

平均失点 7月:3.4 過去10試合:2.9 シーズン通算:4.2
ブルペンの防御率 過去20試合:1.69 シーズン通算:3.41 (7月22日現在

この8試合を振り返ってみると、4点以上取られたのはわずかに1度。平均失点は1.9だから、はっきり言って負けようがない。

オールスター明けに8連勝。投手陣が絶好調だったわけだけど、どうもこれを基準にしてた気がする。先発投手は結局補強しないし、ファーンズワースとかホーキンスとかさ。普通に考えたって、こんな数字は異常。反動っていうより、ポテンシャルの問題ね。

企業なんかもそうだけど、業績がいい時こそ次の手が打てるわけでしょ。いったん破綻したら、次の手もクソもないんだから。まさに今のヤンキースがそう。ここがニューヨークじゃなかったら、こんな会社はすぐ潰れる。事情は違うけど、テシェイラ獲ったエンジェルスとか見習って欲しい。

次の手はパバーノとヒューズ?ヒューズはいいけど、パバーノはトミー・ジョン明けだから厳しいと思うよ。だいたいこうなってから復帰しても遅いし。ていうか、1人隠してないか?ケネディだよ。闇に葬るつもりでも、そうはいかない。将棋の1手詰めじゃないけど、その程度の構想だと破綻するのも無理ないね。

それにしてもよく打たれた。21本ってシーズンワーストらしいけど、ノーヒッターやられるより恥ずかしいかも。ハラデーが待ちくたびれてたよ。松井にHR打たれたのは、きっとそのせいだな。関係ないけど、ブリトンって江夏に似てない?特に体型。どうでもいいか。

Video:
Daily Rewind Game Recap
Post Game Plus
Hideki Matsui on moving on from the 14-3 loss

No comments:

  Archive: