Thursday, August 12, 2010

My Green Card Story-5

グリーンカード取得まで(5)

健康診断を受けたのは2年前。病院は移民局指定のリストから選んだ。担当した医者は高齢のせいか注射もおぼつかない様子だったが、検査結果に問題はなかったはず。再検査とはいっても、大きな障害にはならないだろう。移民局を出た時点ではそう思っていた。

詳しく話を聞いてみると、ツベルクリン検査後(陽性反応)の対処が問題とのこと。本来ならレントゲン撮影をした上で、結核菌を根絶するための投薬を半年間続ける必要があったらしい。

レントゲンを撮った覚えはあるが、薬の話は初耳。再検査で済むどころか、少なくとも半年かかる。書類提出の期限は面接を受けた日から120日以内だから、今からその治療を受けたのでは間に合わない。苦労してパスした面接が無効になろうとしているわけだ。

自宅に一番近い病院を選んだだけなのに、どうしてこうなるのか。面接日の間違いしかり、こんな時は自分の運命を呪いたくなる。処置を怠った医者にも腹が立ったが、とにかくこの窮地を凌がなければならない。面接を受けたその足で、検査を受けた病院に向かった。(続く)

My Green Card Story-1

Friday, August 06, 2010

My Green Card Story-4

グリーンカード取得まで(4)

難しい質問はあれが最後。惨めな時間は過ぎ去り、今度は妻が質問を受ける。その頃には少し余裕が出たのか、背筋を伸ばし愚鈍な正直者を演じていた。(実際は演じるまでもなく愚鈍そのものだったと思う)

妻への質問が終わると、面接官はファイルを整理し始めた。膨大な資料にパンチで穴を開けてまとめる作業。アメリカに住むなら英語ぐらい覚えて来いとでも言うように、大きな手を顔の高さから一気に振り下ろす。

屈辱的な気分だったが、ファイル整理をしていることからして面接は終わり。もうすぐここから抜け出せる。そう思っていると、彼女は目も合わせず再び質問をしてきた。やはり甘くはない。ようやく面接が終わった。

部屋の外では面接官と弁護士が話をしている。その表情から悪い結果でないことは分かるが、あれだけの失態を演じた後だけに喜べない。半信半疑のまま部屋を出て、妻と共に弁護士の説明を聞く。

面接の結果は問題なし。ただし健康診断書に不備があるので、再検査が必要。あとは犯罪歴がなければグリーンカードがもらえるとのこと。外に出た。朝よりはマシだが、まだ寒い。半ば興奮気味に話しながら、コーヒーが飲める場所へと急いだ。(続く

My Green Card Story-1

  Archive: