Friday, October 23, 2009

ALCS 2009 @ LAA G-5 L6-7

Burned in seventh
エンゼルス vs. ヤンキース [2009年10月23日]

逃がした魚

実際にプレーしない監督の役割は、選手の能力を最大限に生かすこと。ケミストリーなどの要素もあるにはあるが、比重でいえば前者が圧倒的。そもそも目に見えないことを論じたところで答は出ないし、客観性がない以上評価の対象にもなり得ない。


(C)Copyright Carlson/AP

序盤で4点のビハインドを強いられながら7回に逆転。残り3イニングを凌げばワールドシリーズ進出が決まる。一方のエンジェルスは後がない状況。当然死に物狂いで戦ってくるわけだが、実はヤンキースも同じ。息の根を止められるのなら、そこに全力で向かう必要があった。

勝負とはその名の通り勝ちと負けしかない。勝てるタイミングで勝ちにいかなければ、チャンスすらなく終わってしまう可能性もある。以下はポイントとなった7回以降の攻防。死に物狂いどころか、シーズン中と同様の散漫な采配が見てとれる。

[7回ウラ 6-4]
絶好調のマシスが3本目のヒット。継投するなら能力順が正しい。まあ無理だけど。

Yankees Home Opener 2009-2

「それは勝利の方程式を否定してることになりますね。そんなもんは最初からないって。え?じゃあ聞くけど、残りの3回を能力順に使うのと逆ではどっちが有利だと思う?理論的には同じでしょう。1人1イニング投げきった場合はね。でもそうじゃないと結果は全然違う」

[7回ウラ 6-4]
やっぱり四球。継投が一歩遅いんだよな。無死1.2塁でフィギンス。そして意味不明のマルテ。

PeteAbe So A.J. Burnett is the guy Pitching Change King Joe Girardi trusts with the lead.

[7回ウラ 6-4]
ソーシアは送りバントの指示。これが決まって1死2.3塁。打者はアブレイユ。

バーネット 四球(ワースト1位) 死球(ワースト4位) ワイルドピッチ(ワースト1位)

データを出すまでもなく、突如コントロールを乱すのは誰もが知っている。ジラルディによれば続投の理由は2回以降のデキと投球数(83)だそうだが、6イニングで被安打7なら十分。7回を投げきってもらって、勝利の方程式はムシがいい。

[7回ウラ 6-5]
アブレイユはファーストゴロで1点差。2死3塁でハンター。ヤンキースはヒューズ投入。よく分からない。

[7回ウラ 6-5]
ハンターは四球で2死1.3塁。ヤンキースが負けたらジラルディのせいです。

[7回ウラ 6-6]
ダメだこりゃ。カウント1-2からど真ん中のストレート...ゲレロのタイムリーで同点。

[7回ウラ 6-7]
モラレスにもタイムリーでエンジェルスが勝ち越し。ジラルディ、クビでしょう。このTwitter読ませたい。

June8,09 vs TB W5-3

「クローザーに求められるのは高い三振率と制球力。一般的には前者が語られることが多いが、ランナーを背負っての登板も多いだけに四球を出さないことも重要。実際球速の落ちたリベラが結果を出せるのは制球力(コマンド)によるところが大きい。(ヒューズの)ブルペンでの起用には賛成だが、現状では大事な場面を任せられる投手ではない」

リベラ/ヒューズ 三振率10.66/8.07 四球率0.71/3.79 (6/8時点)

ヒューズがブルペンで成功したのは、球速アップと荒れ球によるもの。スプリッターを投げなくなったパペルボンがこれに近い。残したランナーをリベラが処理してくれることも少なからず影響しているはずで、ボールを見極められればこんな数字(*1)は残せない。(*1)ブルペンでの防御率1.40

[7回終了 6-7]
はっきり言ってあそこはCC投入してもいい場面。リベラを温存するからそうなる。まったく何年野球やってんだよ。

June11,09 @ BOS L3-4

「クローザーというのは大貧民でいうところのジョーカー。勝つためにはたとえ序盤であっても使うべきだし、逆に最後まで温存できるようならジョーカー自体が必要ない。いつまでも持っているのは大貧民の世界でも許されていないのだ」

リベラ(後述)は打者2人を外野フライ。もちろん打者は違うが、無死1.2塁の時点で出していればおそらくこんなことは起きなかった。全ての間違いはリベラを7回に投入できない固定観念にある。

[8回オモテ 6-7]
ほら、向こうは先発のウィーバー突っ込んできた

PeteAbe Other than Girardi, not one person who has watched the Yankees at all this season would have left Burnett in for the second hitter.

[8回オモテ終了 6-7]
あの場面(無死1塁)でバーネットに続投させるのはジラルディしかいないと元番記者。

[8回ウラ 6-7]
2ベースと内野安打で1死1.3塁。マウンドにはこの回からチェンバーレイン。そしてブルペンにリベラ!バカ丸出し。

[8回ウラ 6-7]
ウソ.....ほんとにリベラ出すんだ。シーズン中にまったく同じことして叩かれたの忘れたのか?失敗から学べない人。

リード時には温存して、負け越してから投入。これは誰がどう見てもおかしい。たとえ野球に疎くても、リベラの能力さえ分かっていれば納得する人などますいない。言い訳のために温存する方がまだマシというものだ。

New York Yankees 2009 Postseason Schedule

現在の予報では第6戦が行われる土曜日は雨。降水確率は100%となっている。仮に中止になれば第7戦は中3日でラッキーが登板するらしい。ホームで1勝すればいいので一応は有利だが、逃がした魚は大きいかも知れない。

追記:ALCS第6戦は雨のため中止。明日は中4日のサバシアではなく、ペティットが先発するとのこと。第7戦までもつれた場合、WS初戦はバーネット。第2戦は中3日でペティットが投げるしかない。サバシアの登板数が減るのは非常にまずい。

twicco ついっこ>カテゴリ>スポーツ
YankeesJP on Twitter

Video:
Recap: NYY 6, LAA 7
Radio call of six-run inning
Swisher's tough night

関連ニュース:
Manager Joe Girardi should be fired if the New York Yankees lose to Los Angeles Angels in ALCS

ALCS 2009 @ LAA G-4 W10-1

No comments:

  Archive: