Wednesday, July 09, 2008

Phoenix Round-About: Day 4-1

アリゾナ旅行: 最終日(その1)

いつのことを書いてるんだと言われそうだが、話の続きを。野球も見たし、ヴォルテックスにも行った。残るはメキシコ、国境の街ノガレス。元々は計画になかったのだが、目と鼻の先にある海外は捨てがたい。フライトがその日の夕方だったこともあって、最悪入国できれば満足。不法入国者ではないが、そんな心境だった。


(C)Copyright Invisible KMFIS

ノガレスまでは車で3時間ほど。通常はアメリカ側にある駐車場に車を止め、そこから徒歩で入国する。もちろん車でも入国はできるが、そうなると保険が効かないなどの不都合が生じる。駐車場の住所が分からなかったので、とりあえずインフォメーションセンターを目指すことにした。

インフォメーションセンターには昼過ぎに到着。教えてもらった住所をナビに入力し、駐車場に向かう。10分ほど走ると車線が狭くなり渋滞。先はよく見えなかったが、雲行きが怪しい。とはいえナビを頼りにする他はなく、引き返そうにもこの渋滞では不可能。そんな思いをよそに、車は進んでいく。

急に視界が開け、車が大きく揺れた。見渡せば皆一様にギャップ(*1)を通っている。アメリカ側の駐車場に行くつもりが、なぜか国境ゲートに来てしまったらしい。成す術がないとはまさにこのこと。押し出されるように、メキシコに入国した。(*1)スピードを落とさせるための段差

ゲートを越えただけで、何もかもが違う。目的もなくただ群がる人々。今ではすっかり見なくなった電線。カラフルでありながら、どこか陰のある建物。国が違うのだから当然だが、心の準備がなかったので余計にインパクトがあった。

予め調べてあったのは、レストランの住所だけ。駐車場の場所は見当もつかない。すぐ近くに1台分のスペースが空いていたが、駐車場には見えなかった。係員らしき人に尋ねてみたものの、案の定英語は通じない。路上駐車は避けたかったが、こうしているうちにもフライトの時間は近づいてくる。ダメ元でチップを渡し、祈るような気持ちで車を止めた。

目指すはLa Rocaというレストラン。ノガレスではかなり有名らしいが、誰に聞いても反応が鈍い。それもそのはず、客層はほぼ100%外国人。決して高くはないが、現地の人からすれば手が出ない金額。行きたくても行けない店を尋ねられて、気分がいいはずがない。料理は美味しかったが、こういう時は本当に困る。(続く

Phoenix Round-About: Day 1

No comments:

  Archive: