Saturday, April 26, 2008

Phoenix Round-About: Day 2

アリゾナ旅行: 2日目

今回の旅行の目的は3つある。1つは前回書いた通り、ダイヤモンドバックスの試合を見ること。2つ目はヴォルテックスで有名なセドナに行くことで、最後はメキシコ。以前のラスベガスで懲りたので、カジノは始めから頭にない。


(C)Copyright Invisible KMFIS

すでに1つ目の目的を失い、前日は不覚にも寝てしまった。残された時間は、この日を入れて2日半。行きたいところは決めていたものの、特に予定は立てていない。早速朝食を食べながら考えることにした。

レストランにはワイファイが来てるというので、ノートパソコンを持参。電波がが弱くて苦労したが、得体の知れないネットワークに接続して一応は繋がった。まずアクセスしたのはダイヤモンドバックスのサイト。手が独りでに動き出したというとオーバーだが、雰囲気としてはそんな感じだった。

幸い滞在中は全てホームゲーム。開始時間は翌日が昼で、これだと1日が潰れてしまう。最終日はフライトと重なるため無理。時計を見るとすでに11時。どこへ行くにも遅すぎる。ちょっと視点を変えればやることはあるはずなのに、こうなると止まらない。セキュリティーの甘いネットワークもお構いなし。気づけばこの日のチケットを買っていた。

試合開始は夕方。目的地のチェイスフィールドまでは1時間とかからないので、出発するには早い。前述の身勝手モードは依然続行中。何の迷いもなく、封印したはずのカジノで時間を潰すことにした。とはいっても同じ轍は二度と踏みたくない。ラスベガスやアトランティックシティーと違って小規模ということもあり、高めの見学料程度で済んだ。

ナビのお陰で、ほとんど迷うことなくチェイスフィールドに到着。まず感じたのは清潔さ。出来てから間もない(*1)こともあるが、ヤンキースタジアムとは比べものにならないほどきれいだった。(*1)開場は98年

施設も立派でデザインも近代的。地方都市のせいか家族連れも多く、スタンドの雰囲気もいい。来年にはヤンキースタジアムもそうなるが、場外馬券場がWinsに変わったようにそれはそれで寂しい。

試合の方はダイヤモンドバックスが逆転勝ち。遠くからでよく分からなかったが、ショートのトンネルで勝負が決まったように見えた。試合後は次の日に備えて真っ直ぐホテルへ。軽い時差ぼけもあって、この日も食事を取らずに寝てしまった。(続く

前回に引き続き、その他の写真は以下にアップしてある。

Phoenix Round-About: Day 2 - a set on Flickr
View as slideshow on Flickr

Phoenix Round-About: Day 1

2 comments:

aoi said...

わーー
すごいハードスケジュールだったんですね!
野球観戦てほんと大変ですよね。
あれやるとかなりの時間潰れちゃうし…私は野球見に行くと他に何もできません。

チェイスフィールドいい感じですねーー
球場もきれいで盛り上がってるな~。

ところで…KMFISさんてなんでこんなに写真撮るの上手いんですか?
お仕事が写真やデザインに関係してるんでしょうか。
これの前の空港の写真なんかも、下から撮ったり斜めから撮ったり
漠然と撮らないでポイントとなる対象を絞ってる本格的な撮り方じゃないですか!
何かこう触発されるものがむんむん漂ってますよ~!

KMFIS said...

コメントありがとうございます。

相変わらずの貧乏旅行なので、
どうしてもスケジュールはキツくなりますね。
次回はもう少し余裕のある旅行がしたいです。

写真が上手いかどうかは別ですが、
確かにそういうものにも関係がある仕事です。

近いうちに写真だけのサイトを作る予定なので、
その時は見てやって下さい。

  Archive: