Friday, April 27, 2007

Heaven Or Las Vegas-1

3泊4日でラスベガスに行ってきた。

この旅行を計画したのは1月末。当初はまったくその気がなかったが、会員サイトで見つけたホテルの無料招待がきっかけになった。半年に1回程度カジノに行っていれば、無料招待は毎月のようにある。ただこれほどの部屋に週末を含めて3泊となると、経験から言ってもかなり珍しい。

その名もPremier Palace Tower Room、スイートを除けばランクが一番上の部屋に相当する。トイレ2つにジャグジー付き、と言えば分かりやすいかも知れない。しかもホテルは有名なシーザースパレス、吸い込まれるように予約ボタンを押してしまった。

後先考えず予約したものの、ラスベガスは遠い。当たり前だが、アトランティックシティーのようにバスで行ける距離ではない。早速チケットの値段を調べたが、安くても400ドルは下らない。旅費だけで済むならまだしも、カジノに4日もいるのだからそれ相当の資金は必要になる。諦めムードが漂ってくるが、脳裏には依然部屋の写真が焼き付いて離れない。

まさにニンジンをぶら下げられた馬状態、行ける方法を必至で考えていた。すぐに気づくべきだったが、そういえばユナイテッドのマイレージがある。調べてみると2往復分のマイルが貯まっていた。直行便ではないが、この際そんなことはどうでもいい。3ヶ月前だったこともあり、予約も無事完了。これで足と枕はタダ、後は当日が来るのを待つだけだ。

ラスベガスにはまだ行ったことがない。ラスベガスはおろか、近場を除けばサンフランシスコに1度行ったきりである。ニューヨークにしか興味がないのが一番の理由だが、10年近くアメリカに住んでいるだけに我ながら笑うしかない。

ラスベガスと言えばカジノ、ただ少し足を延ばせばグランドキャニオンがある。写真を撮るには絶好のロケーションだが、岩ばかりだと思うと退屈な気もする。そう思ってあれこれ調べていると、デスバレーという魅力的なところを発見。こういう殺伐とした雰囲気にはどうしても惹かれてしまう。

往復10時間以上(バスツアー)かかるのが難点だが、アクティビティーとしては悪くない。予約は直前でも可能ということだったので、現地に着いてから考えることにした。(続く

関連記事:3X Sheraton-1, Jaw, Leg And Pillow+

Music Player Updated:
コクトーツインズのFifty-Fifty Clown、記事のタイトルはアルバム名から。

No comments:

  Archive: