Thursday, March 25, 2010

NYY 2K10-1

ヤンキース 2010: 先発投手

[CC Sabathia]
唯一防御率3点台が約束された投手。悪い時でも悪いなりのピッチングができるし、長いイニングを投げられるのも心強い。怖いのはそのタフさが引き起こす故障だけ。一般的にはスロースターターといわれている。

[A.J. Burnett]
持ち前の球威と変化球である程度の活躍は見込めるものの、サバシアとは対照的に安定感を欠くのがネック。球種が少なく突如コントロールを乱すことも多いので、捕手のリードや継投のタイミングも重要。

[Andy Pettitte]
最も心配なのがペティット。ヤンキース加入時から言い続けているが、この投手にネームバリューほどの実力はない。今季は防御率4点台半ばなら上出来。シーズン途中で離脱する可能性すらある。プレーオフ進出のカギを握る1人。

[Javier Vazquez]
ちょっと見た感じでは悪くなかった。ただ以前のような球威はないので、チェンジアップで新境地を開いたとはいっても限界がある。少なくとも去年の数字を望むのは酷。個人的には信用していない。詳しくはこちらを参照。

Joe Girardi officially announced today that Phil Hughes will be the Yankees' fifth starter. —YankeesPR on Twitter

[Phil Hughes]
最後の枠を勝ち取ったのはヒューズ。オープン戦ではチェンジアップを多投。一応は通用するレベルに見えた。先発すると球速は落ちるが、これまでと比べて上積みがあるのは間違いない。5番手なら問題ないだろう。

KMFIS (mlbonkmfis) on Twitter
YankeesJP on Twitter

NYY 2K10-2

No comments:

  Archive: