Tuesday, December 29, 2009

Hot Stove 2010-3

ヤンキース バスケス獲得、カブレラがブレーブスへ
Yanks' rotation gets stronger with Vazquez

ペイロールの削減と先発確保を両立させた形。ブレーブスに在籍した今季はキャリア初の防御率2点台をマーク。その他のカテゴリーでも上位の成績を残していることから、これまでの失敗例と比べると多少の安心感はある。

最大のセールスポイントは地肩の強さ。過去10シーズンで投球回が200イニングを下回ったのはわずかに1度と、ローテーションを守る上では申し分ない。力任せの投球も矯正されているようで、チェンジアップがキマればある程度の数字は期待できそう。

参考:Vazquez strikes out eight

懸念材料は実績に乏しいこと。生涯防御率は4点オーバー。アメリカンリーグ在籍時に限れば4.58にまで膨らむ。投球内容が変わったのなら度外視できるが、こればかりはきちんと見ないと分からない。左打者は苦にしていないので、被HR率(*1)の高さはそれほど心配しなくていいと思う。(*1)1.2本/9回

防御率(通算) 対BOS4.23 対TB4.36 対TOR4.17 対BAL4.80

いずれにしても、先発4番手としては問題ないレベル。ただし3番手のペティットが未知数だけに磐石とは程遠い。松井とデーモンに加え、生え抜きのカブレラまで手放したヤンキース。背に腹は変えられないとはいえ、それならペティットとバスケスの代わりにラッキークラスの投手を獲得して欲しかった。

ハビアー・バスケス - Wikipedia
Javier Vázquez - Split Statistics

YankeesJP on Twitter
MLB Baseball Free Agent Tracker

Hot Stove 2010-2
Hot Stove 2010-4

No comments:

  Archive: