Tuesday, June 03, 2008

June2,08 @ MIN L5-6

Split for Yankees
Box Score (MAJOR.JP)

フラストレーションの溜まる試合 By Girardi

いよいよチェンバーレインが先発する。この時までに仕上げるつもりだった記事は、間口を広げすぎたせいで間に合いそうもない。文章に限らず、頭の中にあるイメージを具現化するのは難しい。だからこそ人間の脳は素晴らしいわけだが、今回ばかりはヤンキースよろしく見極めが甘かった。

そういうわけで、この試合も何となく見ていただけ。今となってははっきり思い出せないが、勝敗以上に内容が悪い。仮に書く気があっても、言いたいことが多すぎてまとめるのに苦労したと思う。

真剣に見ていたわけでもなく、翌日は続きを書かなくてはいけない。それにもかかわらず、試合が終わると例のモヤモヤが残った。半ばスケープゴートとはいえ、こうして書いているのはそれを昇華させたいから。この場面だけは、今でもしっかりと覚えている。

同点で迎えた8回、2ベースと送りバントで1死3塁。バッターボックスには絶好調(*1)のヤング。すでに2本の2ベースも打っている。一方次打者のハリスは、ここまで11打数ヒットがない。この日も変化球にまったくタイミングが合わず2三振。出来の悪かったペティットが唯一三振を奪った打者でもある。(*1)同シリーズ17打数7安打

どこをどう考えても敬遠の場面だが、なぜか勝負を選択。結果はご覧の通り。開いた口がふさがらないというか、データ野球が聞いて呆れる。敬遠していれば勝ったとは言わないが、敬遠しなかったことに合理性がないのは事実。それが敗戦に繋がれば、非難されても仕方がない。

「監督のせいで負ける試合はない」

世の中とは面白いもので、こんな考えを持つ人を時々見かける。いったいどのツラ下げてそんなことが言えるのか。実際は単なる反体制バカの部類なので考えもクソもないのだが、同じ言語を使っているというだけでムシズが走る。

ちなみに前述のヤングは7番打者。併殺が成立しなくても、上位には回らない。またヤング以下4人が右打者ということも付け加えておく。

Video:
Daily Rewind Game Recap
Post Game Plus

関連記事:
The Second Move-1
May13,08 @ TB L1-2

2 comments:

ゴジラ said...

今日はジョバが先発でした。あんまり良くなかったという旨のコメントが多いですが、自分はそんなにがっかりしてません。やっとヤンクスにストレートが主体の先発が出てきた(笑) おそらくヒューズやケネディならノックアウトしてた展開でしたね。あとは怪我にさえ気をつけてくれれば今年はそれだけが心配です。

KMFIS said...

確かに出来はよくなかったですが、
少なくとも悲観する内容ではありません。

>あんまり良くなかったという旨のコメント

否定派が多いことと早期の降板、
試合に負けたことが原因でしょう。

>怪我にさえ気をつけてくれれば

僕もそれが一番心配です。
これだけ気をつけて怪我したら笑い者ですから。

  Archive: