Wednesday, November 29, 2006

Hot Stove 2007-1

シェフィールドがタイガース移籍

過剰な外野手の物々交換と火種のもみ消しが主な目的だとは思うが、これでもまだカブレラが余っているため根本的な解決にはなっていない。(トレードの詳細はこちらを参照)

打開策の一つはそのうち1人をDHで起用すること。中身は別としても体調管理を重視するトーリならその可能性は十分にある。ただそうなると守備の評価が低く故障がちなジアンビをファーストに固定せざるを得ない状況になってしまう。

現状から言えば外野手4人を含めた5人のうち1人を日替わりで休養させるプランが最も現実的だが、個人的にはジアンビの放出がベストな選択だと思う。なおこのトレードでは即戦力選手を獲得していないため直接的な戦力アップはない。

ヤンキースのライトがオリオールズへ

以前も触れたがこのライトはメジャー10シーズンで防御率5.07、被安打率.359と存在自体が疑問の投手。ALDSの最終戦に先発し3回持たずに降板したのは記憶に新しい。

まともな成績を残したのは獲得の前年となる2004年のたった一度だけで、それが評価の対象となり3年2100万ドルでヤンキースと契約。今回のトレードは来季の契約をバイアウトせず、それと同額の400万ドルの年俸負担という形で成立したようだ。結局ヤンキースはこのライトに総額1800万ドルもの大金を払った計算になる。

ヤンキース在籍時(2005、2006年)の成績は投球回204、16勝12敗、防御率4.99。年俸に見合っていないのは言うまでもないが、生涯防御率から考えても明らかに頭打ち。間もなく31歳と年齢的に上積みは見込めず放出は仕方のないところだろう。

獲得したのは弱冠23歳のクリス・ブリトンという中継ぎ投手。メジャー1年目のルーキーで今季の成績は以下の通り。数字から判断する限りまずまずの投手、ベラスぐらいの実力はありそうで何と言ってもその若さが最大の魅力。

0勝2敗1S 防御率3.35 奪三振41 投球回53.2 被安打46 与四球17

中継ぎ投手を獲得したのは今季メジャー最多の83試合に登板したプロクターの先発転向が背景にあるように思う。仮にそうであれば、手薄になる中継ぎ陣の強化という点で戦力アップに繋がったトレードと言える。

ムシーナ、2年27億円でヤンキース残留へ
Yankees bring back Mussina

現状のヤンキース先発陣で安定した成績を期待できるのはウォンとムシーナの2人だけ。今季のムシーナは勝ち星こそ恵まれなかったが防御率は先発陣の中でトップ、その実績も加味すれば放出する理由はどこにもない。逆に言えばムシーナを失うことは来季がないも同然で、そういう意味ではある程度一方的な交渉だったという見方もできる。

今回の契約でヤンキースがムシーナに支払う金額はバイアウト(150万ドル)を含めて2年で2450万ドル。来季オプション(1700万ドル)を基準に考えれば、単純計算で1年当たり500万ドル近くもの経費を削減したことになる。もちろん今後の成績次第だがヤンキースとしてはそう悪くもないだろう。

一方のムシーナは来月で38歳を迎えることから複数年契約を希望していたはずで、故障を抱えていることや体力的な不安など強調材料ばかりではなかったのかも知れない。

いずれにしても難航することもなく、お互いの利害が一致したようでファンとしては一安心。欲を言えばもう1人安定感のある先発が欲しいところだが、キャッシュマンの動きを見る限り現状の戦力が基本ラインの様子。今季はライト、来季はパバーノがカギを握りそうだ。

Hot Stove 2007-2

No comments:

  Archive: