Tuesday, October 09, 2012

ALDS 2012 @ BAL G-2 L2-3

Wei to go! Chen outduels Andy, evens up ALDS
オリオールズ vs. ヤンキース [2012年10月9日]

HRゼロ、残塁10

ヤンキースはHRが出ないと勝てないといわれるが、シーズン後半は得点圏打率(の低さ)にも悩まされてきた。この日もご覧の通りの結果で敗戦。おまけにトンプソン(3塁ベースコーチ)が例によってミスジャッジ。おかげで得点できたわけだが、こんな恥ずかしい野球をした上に負けたのでは救いがない。



試しにチームの得点圏打率を調べてみると.256。さすがにチーム打率(.265)よりは低いが、思ったほどではなかった。OPSも.790に対して.788と遜色ない。それならばと調べてみたのが以下の数字。カノーやグランダーソンはいいとしても、テシェイラとAロッドが悪すぎる。この2人が中軸を打っているのだから、残塁の山も当然だろう。

得点圏/打率: カノー.268/.313 テシェイラ.230/.251 Aロッド.230/.272 グランダーソン.254/.232

かつて不振のAロッドを8番に下げた愚将がいたが、ご存知の通りヤンキースはその3年後にAロッドの大活躍でワールドシリーズに勝っている。劣化は否めないとしても、実績を考えると大幅な打順変更は現実的ではない。結局は八方塞の状態で、打ってくれることを祈るのみ。いや、一番現実的なのはこの2人にHRを打ってもらうことか。

New York Yankees Batting Stats - 2012 - Scoring position

先発のペティットについて少しだけ触れておくと、ビデオ(下記)を見れば分かるように、抜けたボールが多く、変化球のキレも悪いなどソリッドとは程遠い内容。好調なオリオールズ打線なら、1回持たなくても不思議ではない。誰かが言っていたが、顔と名前だけで投げているような感じだった。

追記: こちらの記事によるとジラルディはAロッドの打順降格を検討している模様。記者のブログ等では6番が有力。ここまでの成績は9打数1安打1四球0打点5三振。このシリーズ好調のテシェイラはもちろん対象外。

KMFIS (mlbonkmfis) on Twitter
YankeesJP on Twitter

Video:
Recap: NYY 2, BAL 3 ALDS Gm2
Jeter's RBI single
Pettitte's solid start

ALDS 2012 @ BAL G-1 W7-2
ALDS 2012 vs BAL G-3 W3-2

No comments:

  Archive: