Friday, October 30, 2009

WS 2009 vs PHI G-2 W3-1

A.J., two solos rock
ヤンキース vs. フィリーズ [2009年10月30日]

勇ましき男たち

先発のバーネットは7回を投げて4安打1失点。キレのあるツーシームに加え、カーブのコマンドが冴えていた。特に7回の連続三振は圧巻。勇ましい戦士をを見ているようで、思わず涙ぐんでしまうほど。この日はシンカーを織り交ぜた投球だったことも付け加えておく。


(C)Copyright Sipkin/News / Modified By KMFIS

一方のペドロも素晴らしいピッチング。あそこまで変化するチェンジアップは滅多に見られない。球威こそなくなったが、(故障や手術を乗り越え)その都度スタイルを変えて結果を出し続けているのは偉人の域。さすがペドロと思わせる場面が何度もあった。

October4,09 @ TB W10-2

「引っ張り続けた結果(レギュラーシーズン)としては上出来。ボールが上がってくれさえすれば、プレーオフでもある程度は活躍できると思う」

Matsui is again Martinez's nemesis

「I was disappointed, because that pitch wasn’t the one I would probably have chosen if I was to think again」

決勝点は松井の一振り。ペドロのコメントによれば配球ミスらしいが、あれを打たれたら仕方がない。少なくともHRになるようなボールではなかった。とても好調とは思えないが、これからも大舞台に強いところを見せて欲しい。

ポストシーズンセーブの内訳 3アウト8 4アウト10 5アウト6 6アウト14

リベラはこの日も2イニング。ワールドシリーズではこれが4度目とのことで、依存度の高さが分かる。以前クローザーを大貧民のジョーカーに例えたことがあるが、リベラに限ってはそう遠くもないだろう。

Playlists Updated:
バス代もなくて、ずっと木の下に座っていた。ペドロを見るたびにこの言葉を思い出す。Ragnheiður Gröndal, Gef að stjörnurnar skíni.

Play Sub Tracks

Video:
Recap: PHI 1, NYY 3
Pedro on his Game 2 start
Jay-Z, Alicia Keys perform

関連ニュース:
ジーターにクレメンテ賞 社会福祉などに貢献

WS 2009 vs PHI G-1 L1-6
WS 2009 @ PHI G-3 W8-5

4 comments:

アストロボーイ said...

初戦の負け方を知って、かなり落ち込んでいました。選手たちが力を出し切れないまま2戦目も負けたら、もう終わりなんじゃないかと。

だからラジオで松井の決勝ホームランを知った時には、しばらく涙が止まらなかったです。

あのコースを掬い上げてホームランするのは、仰るように年に一度も無いくらいです。コースがもう少し高かったり、ストレート系だと違った結果になっていましたね。迷わず振り抜いたのは見事でした。

KMFIS said...

松井との相乗効果だと思いますが、
僕はバーネットが投げ終わったところで泣きました。

>しばらく涙が止まらなかったです

想像していたらまた涙が出てきました。
いったい何の涙なんでしょうね。

Anonymous said...

1戦目は心配してたフィーズが2四球でダメ押し点のキッカケをつくり負けに繋がった。
2戦目は心配してたバーネットが見事裏切って快投、その上,Kさんが心配してたタシェラも同点HRを打ち勝利に貢献した。

全く心配してなかったサバシアやA-RODが不振になり新たな心配が出てきた。ホントWCは何が起きても不思議ではない。

こうなったら我らが松井に更にパワーアップしたメガゴジラに成って大暴れしてもらい一気に赤鬼軍団を蹴散らしてもらいましょうよ。

松井ゴジラの技ありHRに脱帽のかず坊より

KMFIS said...

気になるのは敵地の雰囲気です。
先発陣もこれまでのようにはいかないはずで、
低調な打線を考えると楽ではないでしょう。

>メガゴジラに成って大暴れ

スタメンなら期待するんですけどね。
初戦を落とせば気が変わるかも知れませんが、
それは想像したくないです。

>WC(トイレ)は何が起きても不思議ではない

すいません笑ってしまいました。
今日も紺一色でいっちゃって下さい。
同じく脱帽のKMFISより。

  Archive: