Sunday, August 02, 2009

August1,09 @ CWS L4-14

Burnett battered
ホワイトソックス vs. ヤンキース [2009年8月2日]

まれにみる最悪なゲーム

この試合を終えた時点で62勝42敗。ヤンキースが僅かながら首位に立っている。まだまだ先は長いとはいえ、去年や一昨年(*1)と比べると雲泥の差。ファンにとっては久しぶりに楽しめるシーズンになった。(*1)08年59-50、07年58-49

09年3.87(4.51) 08年4.23(4.58) 07年4.22(4.57)

例年と大きく違うのは先発投手(*2)の防御率。勝敗は後半まで主導権を握れるかどうかで決まるから、カギとなる先発投手が安定すれば当然好結果に繋がる。(*2)イニング数上位4人、カッコ内は先発全体

防御率/チームの勝敗 サバシア3.83/11-11 バーネット3.89/14-7 チェンバーレイン3.58/14-6 (合計39-24、勝率.619)

一般的に3勝2敗ペース(勝率.600)でプレーオフ進出は可能。極端にいえば先発上位3人が全勝なら残りは負けてもいい。つまり能力が均等(防御率4.5前後)より、今季のようなケースの方が精度は高くなる。詳しくは説明しないが、得点力やブルペンはイメージほど影響しない。

サバシアとバーネットはある程度期待できるので、後は球速の安定しないチェンバーレイン次第。明らかに頭打ちのミトレも早期の対処が必要だが、この3人が結果を出せるようなら少なくともプレーオフには手が届くと思う。

試合はまれにみる最悪な内容。左投手対策でデーモンと松井を外し、肝心な場面(後述)でも代打はなし。判断ミスでランナーを進めたヘアストンやポサダの凡プレー。8回4点ビハインドでコークを起用するなど、挙げればキリがない。以下はTwitterの引用。参考までにポサダとジラルディのコメントも載せておく。

[2回ウラ 0-1]
新加入のヘアストンはレフトでスタメン。ランサムとの併用ではなく、内外野の控えということらしい。松井は欠場。

[2回ウラ 0-6]
1死満塁→押し出し→ヒット→2ベース→ヒット 面白いように点が入るホワイトソックス。このシリーズの得点圏打率は11/21。

[3回終了 2-6]
テシェイラのタイムリーで反撃。昨日コールアップされたダンカンはヘアストンの加入(25人枠登録)でとんぼ返り。野球選手も楽じゃない。

[5回終了 2-7]
バーネットがこの試合2度目の押し出し。最近ツーシームを投げてないけど、球種2つじゃ厳しいのでは?2番手はブルーニー。

[6回オモテ終了 3-7]
1死満塁→レフトゴロ→三振 打者はヘアストンとランサムだけど、左投手ということで代打はなし。3塁封殺(レフトゴロの原因)はポサダ。

[7回オモテ終了 4-7]
1死2.3塁のチャンスも内野安打(Aロッド)による1点止まり。HRが出ないと勝てないチームカラーは健在。

[7回ウラ 4-8]
ヒット→2盗→3盗→ヒット ブルーニーがまたも失点。不運なヒットが続いたとはいえ、3盗まで許すのは問題。

[8回オモテ 4-8]
ホワイトソックスの4番手は100マイル投手(左)のソーントン。これで左の代打が出てくると面白いんだけど。

[8回ウラ 4-9]
無死1.2塁→ヒット→無死2.3塁 ピルジンスキーがイチロー顔負けの悪球打ち。打球を処理したヘアストンも凡プレー。ダメだこりゃ。

[8回ウラ 4-10]
無死満塁→ファーストゴロ テシェイラはベースを踏んでホームに送球。ところがポサダはボールを右手で持ってミットでタッチ.....

[試合終了 4-14]
普段は読まない番記者ブログのコメント欄。案の定ランサムに代打を出さなかった話題で持ちきりだった。

Where have all the good times gone? The LoHud Yankees Blog

“We looked pretty awful,” Jorge Posada said on his way out of the clubhouse. He was the guy who tried to tag a runner with his glove while holding the ball in the other hand.

“We were going to stay with our right-handers. We thought we were chipping away,” Girardi said. “We talked about (pinch hitting), but we didn’t do it.”

Yankees_JP (yankees_jp) on Twitter

追記:ついっこでヤンキースとMLB関連のコミュニティを作った。文頭に@yankees_jpをつけて発言するかフォローして返信すると、参加している全ての人に配信される。参加は以下のリンクから。

twicco ついっこ>カテゴリ>スポーツ

Video:
Recap: NYY 4, CWS 14
White Sox plate six in eighth
Beckham out at third

2 comments:

ゴジラ said...

先発がいいとブルペンも締まってくる気がします。サバシアはピリッとはしませんが、イニングをたくさん稼いでくれてるのがありがたいです。チェンバレンもうまくイニングを稼げるすべを身に付けてくれるといいんですが。
久々に楽しいシーズンです(松井選手がなかなか調子が上がってこないのが悲しいです)ね、ボストンに全敗で首位って…なんか恥ずかしいのかすごいことなのか、ある意味ヤンキースらしいです。

KMFIS said...

>先発がいいとブルペンも締まってくる

投球回数や選択肢の観点でいっても、
確かに好結果が出やすいですね。

>松井選手がなかなか調子が上がってこない

ヒザの違和感などもあるんでしょうけど、
DH専任だとリズムが掴めないみたいです。
毎日出られないのも関係ありそうです。

>ボストンに全敗で首位って

僕も似たようなことを考えてました。
レッドソックスに完敗でチャンピオン。
ちょっとイメージしにくいです。

  Archive: