Saturday, May 30, 2009

May29,09 FLA 1 @ NYM 2

Santos carries Mets
メッツの故障者ラッシュがもたらした可能性

10年一昔

先日のヤンキースタジアムに続いてシティフィールドに行ってきた。実は初めてメジャーの試合を見たのがメッツ戦。当時のメッツといえばピアッツアをあげる人も多いと思うが、個人的には恐ろしく守備の上手かったオルドニエスの印象が強い。


(C)Copyright Invisible KMFIS

「2009年に新スタジアムをオープンし、必勝態勢でワールドシリーズ制覇を目指しているのはヤンキースだけではない。ニューヨークのもう1つの雄、メッツも今春にシティフィールドを新たに開場。快適さではヤンキースタジアム以上で、無残にもプレーオフ進出を逃した過去2年の雪辱を誓っている」

野球も今や快適さを求められる時代。場外馬券所がWinsに変わったように、殺伐とした風景は流行らない。シティフィールド内のシーザースクラブ(*1)がまさにそうで、ホテルのラウンジを思い浮かべたのは自分だけではないだろう。(*1)利用するには特別なチケットが必要

Harrah's Joins Mets as Signature Partner at Citi Field

その一方で、年俸の高騰による財政難は深刻な問題。野球場にラウンジが必要だとは思わないが、収入を確保する(スポンサー契約)という意味においては仕方がないのかも知れない。クイーンズ市民のチームのせいかヤンキースタジアムと比べると全体的に安価だった。追記;当該記事を見つけたので以下に追加しておく。

新ヤンキースタジアム、高収益のカラクリ

「黄昏(たそがれ)期のベテランと未知数の若手たちが明日なき戦いを続けているなら、怠慢ゲームを見せられる心配はない。それどころか無名集団のハッスルによって、長く欠けていたケミストリーが生まれ始めているように思えるのだ」

試合はメッツのサヨナラ勝ち。メジャー2年目のサントスが全打点を叩き出し、決勝のホームを踏んだのはタイガースを解雇されたシェフィールド。こじ付け的なケミストリーは気になるが、実際記事通りの内容だった。写真は以下を参照。

MLB Mets 2, Marlins 1 - a set on Flickr
View as slideshow on Flickr

Video:
Recap: FLA 1, NYM 2 F/11
Santos' walk-off single
Pelfrey's stellar start

Citi Field 360° Panoramic Views

関連記事:May5,09 vs BOS L3-7

No comments:

  Archive: