Thursday, September 04, 2008

Labor Day Weekend

夏の終わり、ケープメイ

祝日のレイバーデー(*1)を利用して、ちょっとした旅行に行ってきた。泊まったのはアトランティックシティーのカジノホテル。今回はいつものようにあくせくするのは止めて、プールやアウトレットなどでのんびり過ごす予定でいた。(*1)9月の第1月曜日


(C)Copyright Invisible KMFIS

何となくガイドブックを眺めていると、(ニュージャージー)最南端という文字が目に留まる。街全体が国の史跡に指定されているらしく、のんびり過ごすには悪くない。アトランティックシティーからは車で1時間。ものの5分でメインディッシュが出来上がった。

英国情緒漂う海辺のリゾート ケープ・メイヘ

当日は迷うことなく到着。確かに雰囲気がある。ビクトリア様式の建物と馬車、ビーチから吹き込む海風が心地いい。街が小さいせいか、すぐに馴染めるのもポイント。今回は日帰りだったが、海辺のB&Bに泊まると最高かも知れない。

インフォメーションセンター(Welcome Center)で教わった店でランチを取り、すぐ近くのビーチへ。レイバーデーの週末は1年のうちで最も混むとのことだが、実際はそれほどでもなかった。跡がつくほど日焼けをしたのは何年ぶりだろう。

Cape May Light HouseSunset BeachThe Lobster House

その後はこんなコース。コンクリートシップ(S.S. Atlantus)が沈むサンセットビーチはかなりよかった。時間の関係で日没までいられなかったが、それでも十分美しい。評判のロブスターハウス(レストラン)はやや期待外れ。季節的な問題もあるのだろうが、並んでまで食べる価値はないと思う。以下はコンクリートシップの説明。

Concrete Ships: The World War I Emergency Fleet

「During the first World War, steel was becoming scarce. President Woodrow Wilson approved the construction of 24 concrete ships. Of the 24, only 12 were built, at a total cost of $50 million. By the time the ships were completed, the war had already ended」

「鉄不足の進む第1次大戦中、当時の大統領ウッドロウ・ウィルソンは24隻のコンクリート船作りに着手。そのうち完成したのは12隻で、総工費は5000万ドル。船の完成(24隻)を待たずして戦争は終わる」

Concrete Ships: S.S. Atlantus

「She was built by the Liberty Ship Building Company in Brunswick, Georgia and launched on December 5, 1918 and was the second concrete ship constructed in the World War I Emergency Fleet」

「この船が進水したのは1918年の12月。第1次大戦中に作られたコンクリート船(艦隊)としては2番目に古い」

「The war had ended a month earlier, but the Atlantus was used to transport American troops back home from Europe and also to transport coal in New England. In 1920, the ship was retired to a salvage yard in Virginia」

「完成の1ヶ月前には終戦していたものの、その後は帰還兵の輸送や石炭の運搬船として使われた。1920年バージニアでその役目を終える」

「In 1926, the Atlantus was purchased to be used as ferry dock in Cape May. On June 8th, a storm hit and the ship ran aground 150 feet off the coast of Sunset Beach.Since then the Atlantus has become a tourist attraction seen by millions」

「1926年フェリードックとして再利用されるが、その年襲った嵐の影響でサンセットビーチに座礁。以来多くの人に観光名所として親しまれるようになる」

行きがかり上長々と書いたが、今回の旅行で印象に残ったのはコンクリートシップではなくインフォメーションセンターの職員。レストランやビューポイントはもちろん、路上駐車できる場所まで親切に教えてくれた。仕事と言ってしまえばそれまでだが、人の温かさに触れた夏の終わりだった。

例によって写真は以下にアップしてある。

Labor Day Weekend - a set on Flickr
View as slideshow on Flickr

Cape May City official website

No comments:

  Archive: