Monday, February 18, 2008

Friendly Rivalry-1

新世代DVD:東芝、HD完全撤退を19日午後に発表 - 毎日jp

今から20年ほど前、VTRの規格(ベータとVHS)でも同様の争いがあった。性能面で圧倒的に優位に立ちながら、結局はベータ陣営(主幹ソニー)の敗北。当時はいわゆるベータ派だったので、自分のことのように悔しかった記憶がある。

Toshiba D-R400: DVD Recorder* with 1080p** Upconversion

このニュースの直後、偶然にも東芝製のDVDレコーダーを買った。お目当てはアップコンバート(アップスケーリング)という機能。画素数をHDレベルまで拡張してくれるため、ふれこみ通りなら(HDテレビでは)DVDがより鮮明になる。

アップスケーリングとは 【アップコンバート】 - 意味・解説 : IT用語辞典

買うまでは半信半疑だったものの、いざ使ってみるとなかなかいい。画面のザラつきがなくなり、全体的にも滑らか。デジタル放送とまではいかないまでも、そう遠くもない。録画機能のないものならさらに安いので、現状の画質に不満な人は試してみるといいだろう。

この機種を選んだ理由はいくつかある。まずは互換性。使っているテレビが同じ東芝製ということで、他のブランドは選びたくなかった。価格のわりに、レビューが高評価だったことも大きい。ただそれとは別に、東芝というブランドに思い入れがあったのも事実。ソニーが嫌いというのもあるが、従来のブランド名を貫いているところに好感が持てる。

パナソニックのようにあか抜けているわけでもなく、発音もしにくい。そんなハンデがありながら、アメリカでも立派にやっているところが何とも力強い。これはタグライン(コーポレートスローガン)にも表れていて、オリジナリティーに欠ける(*1)タグラインを平気で使っているソニーとは根本的に体質が違う。

Leading Innovation (東芝)
Like No Other (ソニー)

ちなみに東芝を英語で発音するとトシィバ(シィにアクセント)。自分ではそれっぽく発音したつもりだったが、残念ながらすぐには通じなかった。(*1)代表的なのはHummerのLike Nothing Else

東芝のHD撤退に株価は好感、損失額・ブランド低下は限定的の見方 Reuters

消費者を置き去りにしたとの声も聞かれる東芝だが、意外にも株価は上昇。この記事によれば、早期に見切りをつけたことが評価に繋がったようだ。いずれにしても次世代メディア(DVD)はこれで一本化。ハードのコストダウンは時間の問題で、1年もすれば手の届く価格になるだろう。

次世代DVD - Wikipedia

前回の雪辱を果たしたソニーと違って、個人的には2連敗。当事者でもないのに言うのもおかしな話だが、考えてみると似たようなケースは多い。コカコーラとペプシがいい例で、ほとんどの人がそのどちらかを支持していると思う。ということで、次回はそんなライバル関係を身近なところで書いてみる。

Friendly Rivalry-2

4 comments:

樹里亜 said...

携帯、PC、テレビ、デジカメがソニー、
DVDレコーダが東芝。

どちらに転んでも良かったんですが、
早めの決着で一安心です。

もう一段落したらBRレコーダを考えます。

KMFIS said...

今回のニュースは消費者には朗報ですね。
早くデジタル放送を録画してみたいです。

樹里亜 said...

いまさらですが、テレビはどうやって
見てるんですか?
CATV?衛星放送?地上波?

そちらもデジタル化は進んでるんですか?

一度見てしまうともう戻れませんね。
今はテレビ放送の方がDVDの映像より
綺麗なので。

ブルーレイの実態をまだ見てないのでなんとも言えませんが、
早く見てみたいです。

KMFIS said...

ケーブルです。
マンハッタンは電波の状態が悪いので、
地上波を受信している人は少ないと思います。

デジタル化はある程度進んでます。
YESにもHDチャンネルがあるぐらいですから。
僕もアナログ放送は見なくなりました。

  Archive: