Monday, December 31, 2007

Back To The Start

終わりと始まり。

ブログを始めて1年半、ようやく規定の期間が終わろうとしている。始めた頃はそれなりに楽しかったが、途中からは苦痛で仕方がなかった。それでも続けてきたのは、そんな苦痛から逃げない自分になりたかったから。


(C)Copyright Invisible KMFIS

自堕落な生活から抜け出して、少しでも有益なことをしたい。実はこれがブログを始めた本当の理由でもある。今後のことは決めていないが、その前にこんなブログを読んでくれた人全員にお礼が言いたい。精一杯の感謝の気持ちを込めて、この詩を贈る。

いつか必ず、明かりは消える
寄り添ってもすれ違っても、変わることはない
でも本当は、明かりなんていらないんだ
なぜならこうやって、また日は昇るから

写真はウェストサイドハイウェイ沿いのヘリポートから見た、2007年最後の明かり。向こう側に見えるのはニュージャージー。

Playlist Updated:
ある映画のラストシーンで使われていたColdplayのThe Scientist。この詩はその時に思いついた。詩の出来には自信がないが、今日という日に相応しい曲だと思う。何が悲しいのか、涙が止まらない。

Play Sub Tracks

関連記事:Talk To Kmfiself-1

No comments:

  Archive: