Wednesday, December 05, 2007

American Way-1

スワロフスキーとUPS。

1週間ほど前、日本に住む友人に頼まれてあるもの(下記リンク)を買った。商品自体は日本でも手に入るが、こちらで買えば178ドル(2万円弱)で済む。自宅までの送料もかからないので、日本に送ることを考えてもかなり安い。

スワロフスキー・クリスタル 日本 - Lock In USB Memory Key

話は逸れるが、ちょっと前まではオンラインでものを買うことに抵抗があった。ところが今では当たり前のように利用している。より安い買い物をするためには必要不可欠なのだが、セキュリティー面の不安が消えたわけではない。

PCの保護には細心の注意を払っているし、サイトの信頼性も以前と比べれば格段の進歩があるとは思う。ただその実態を把握していないのも事実で、そういう意味では時代の持つムードに流されてしまっていることになる。

当たり前が当たり前でないのは世の常であり、何か事が起こってからでは遅い。オンラインショッピングはこれからも利用するつもりだが、よく考えもせず行動している部分は反省しなくてはいけない。

UPSのスケジュールでは木曜日に届くはずだったが、案の定その日の配達はなかった。あってないような地下鉄の時刻表しかり、全てにおいてアバウトなアメリカではこういうことはよくある。容認しているわけではないが、この感覚を受け入れない限りこちらではやっていけない。特に気にも留めず、数日が過ぎていった。

週が変わった月曜日、ふとそのことを思い出した。何となく嫌な予感がしたのでサイトで確認してみると、そこには配達済みと書いてある。配達日は木曜日で、ドアを開けてサインをしたことになっていた。もちろん商品は届いていないし、サインもしていない。記憶違いの可能性もあるので部屋を調べてみたが、やはり届いていない。

翌日販売元のスワロフスキーに事情を話すと、UPSの責任なので返金はできないとのことだった。自らUPSに依頼しておいて責任がないというのもヘンな話だが、ラチがあかないので今度はデリバリーしたUPSに連絡。

すると、荷物はドアの前に置いたという返事が返ってきた。不在ならともかく、ドアのベルも鳴っていないのだからどう考えても不自然。そもそも配達したドライバーがそこまで覚えているはずもなく、仮に覚えていたとしても即答できるわけがない。サインの記録があやふやなことと、配達した事実を結びつけるためのデタラメだろう。

いずれにしてもこちらのサインがない以上、UPS側に責任がある。日本の感覚ならすぐにでも弁償の手続きという話だが、どうやらそうはいかないらしい。それどころか、泣き寝入りの可能性まで出てくる始末。思いのほか長くなったので、その後の展開は次の機会に。

6 comments:

樹里亜 said...

同じようなことがあるもんですね。

こちらはダブルで届くところでした。
対応としては速かったかと思いますが
実際にどういう状況だったのか
結局分からず仕舞。

ネット通販は今のところ失敗はないですが、
買ったのを忘れてカードの明細にびっくり
っていうことはありましたが。

運送会社に「パクラレた」ら反撃できない
ですからね。。。

雪娘 said...

今晩はkmfis様、NYはとても寒いそうですがお元気でしょうか?
tokyoも少しずつ冬の気配です。

個人的に"レッツ・ダンス"にハマっています
本家ではなくcraig davidの方です。
と思っていましたらauのCMでpierre henry
の曲にあっ!という感じでお気に入りに。
サイケ~とか曲ですが、ご存知ですか?

それにしてもあのメモリー凄いですね!
ここまできたか!みたいな・・・
またお邪魔します、おやすみなさい。

KMFIS said...

>樹里亜さん

その記事読みましたよ。
すぐに再送してくれるのはいいですね。

先日のイオン銀行ではないですが、
ネットの場合ある程度の覚悟はしてます。
ただ大きな事故にあっていないのも事実で、
そういう意味では覚悟とは程遠いです。

KMFIS said...

>雪娘さん

先日雪が降りました。
冬が大好きな僕には嬉しい季節です。

クレイグ・デヴィッドとピエール・アンリ。
両名とも知らなかったので、早速聴いてみました。

レッツダンスは大ネタのわりに、
正直あまり引っかかりませんでした。
ただ彼のインタビューは面白かったです。

ピエール・アンリはかなり興味深い人ですね。
アルタードステイツは好きな映画の1つですが、
そこで音源が使われていたのも驚きでした。

ニューオーダーの大ファンと聞いていましたが、
いろんな音楽が好きなんですね。
情報ありがとうございます。

樹里亜 said...

敢えてトラバするほどの記事ではなかったんですが、
読んでいただいてたとは。

小さい荷物はポストにいれる、っていう方式
なので時々不安になりますが、
今回は違う理由かと。

それにしても物がなくなるってどういう管理を
してるんですかね?

であのUSBメモリを付けるPCって
どんなのですかね?

KMFIS said...

わざわざ言うほどのことではないですが、
一部を除いて全て目を通してますよ。
24だけは今後のためにスルーしてますけど。

以前ヤマト運輸でバイトした経験から言うと、
なくなって当たり前という感じでした。
いい加減なアメリカ人ならなおさらですね。

USBメモリはアクセサリーとして使うみたいです。
身に着けていればいざという時便利そうです。

  Archive: