Sunday, February 18, 2007

From 17th Birthday

Gotta be in it to win it

ここにきて、バーニーが開幕ロースターに入るプランが浮上してきたという記事。これについては正式に決まるまで書かないつもりでいたが、事情が変わってきたようなので経緯を記録する意味で少し触れておく。

プランA:ファーストをミンケイビッチに固定する

ファーストを含めた内野の控えをユーティリティープレーヤー1人でまかなうか、外野のカブレラをロースターから外すことで実現は可能。ただし前者は外野の控えが2人、内野が1人という状況を生み出し一般的に考えて不自然。後者は将来有望なカブレラの伸びシロを摘んでしまうことに成りかねず、守備力を考慮すると戦力的にも見劣る。

プランB:DHに専念させる予定のジアンビを守備につかせる

基本ラインはプランAと同じだが、数字上は内野の控えが2人に増える。もっともジアンビはファースト以外守れないため、実質的なメリットは少ない。そもそもジアンビをDHに専念させるのは、守備力や故障を考慮しての結論。それがバーニーというファクターが加わることで変わるのであれば本末転倒、結果としてリスクしか残らない。

今回のプランはキャッシュマンとは無関係に、トーリ個人の意向によるものらしい。実現性が高くないことは本人も認めているものの、無視できるほど低くないのも確かだろう。念のため書いておくが、現時点でバーニーはどのチームにも所属していない。

あれだけの選手なので、杓子定規的に戦力を優先できないのは分かる。ただヤンキースはマイナー契約という誠意は示したわけで、はっきり言ってそれ以上は必要ない。逆に枠を無理やり空けるようなことがあれば、チームカラーや士気にも影響する。ファンとしては見守ることしかできないが、あってはならない結末だけは見たくない。

これとは関係ないが、ともともさんが自身のサイトでヤンキースのキャンプをレポートしている。現地ならではの情報が知りたい人は、覗いてみるといいだろう。

関連記事:Bernie Will Aim, Whatever You Play

No comments:

  Archive: