Thursday, October 21, 2010

ALCS 2010 vs TEX G-5 W7-2

CC y'all in Texas: Yankees force Game 6
ヤンキース vs. レンジャーズ [2010年10月21日]

Mission: 敵地で連勝

レンジャースの先発はシリーズ初戦で苦しめられたウィルソン。この日は四球で出塁したランナーを確実に返すなど、効率のいい攻撃で6得点。もう負けられないだけに、序盤に主導権を握れたのは大きなアドバンテージになった。

得点/出塁数 ヤンキース7/15(ヒット9、四球6) レンジャース2/13(四死球0)

一方のサバシアは11安打を浴びながら2失点。無四球だったとはいえ、レンジャース打線の拙攻(併殺2)がなければどうなっていたか分からない。プレーオフを被安打11以上で勝ち投手になったのは50年ぶりとのこと。

mlbonkmfis 今日ウッド2イニング使えるなら昨日も一昨日もそうできたはず。もう何ていうかメチャクチャ。結局はビハインドで使えなかったり、型にはめた継投しかできないだけ。ウソは聞き飽きた」

7回からはウッド、リベラの継投。後がないヤンキースとしては当然なのだが、それなら第3戦や4戦は余裕があったかというとそれは違う。小さな可能性を短絡的な思考で摘み取ってしまうから後がなくなるわけで、言ってみれば多重債務者の末路に近い。

Postgame notes: When it all went wrong

「Girardi said he didn’t want to use Mariano Rivera because he wanted to have him for multiple innings in Game 5.」

結局リベラは1イニング。この試合で2イニング投げる可能性を残したはずが、5点差での起用とこれ以上なく醜い。つじつまを合わせることより効率を優先したのは賢明な選択だが、そんな形でしか評価されない監督もどうかと思う。

KMFIS (mlbonkmfis) on Twitter
YankeesJP on Twitter

Video:
Recap: TEX 2, NYY 7
Wood's scoreless relief
Mo seals the victory

ALCS 2010 vs TEX G-4 L3-10

No comments:

  Archive: