Saturday, July 03, 2010

Headache

飲む度に思うこと

本当の姿は自分しか知らない。だから醜い面は隠し、いい面を誇張して生きていく。この前もそうだった。憎悪や劣等感の正当化、薄汚い虚栄心。親切心からの行動なのは事実だが、結局はそれ以外の部分が突出してしまう。

「思ったことを言わないと死んでしまう大人は素敵」

本当の自分を出したい欲求もある。今いる友達は、それを受け入れてくれた人たち。それでも偽りの姿であることに変わりはない。人付き合いとは何なのか。こうやって書いている自分は誰なのか。酒を飲む度にそんなことを思う。

No comments:

  Archive: