Tuesday, October 27, 2009

Ragnheiður Gröndal, Vor Hinzti Dagur Er Hniginn

遠い彼方の友達

しばらく家を空けると、部屋がいつもと違って見えることがある。そのもの自体は変わっていなくても、別の視点が加われば感じることは違う。その視点に当たる部分が音楽の持つ意味。個人的にはそう思う。


Þjóðlög (2006)

歌っている時の彼女は友達。手を繋いで一緒に歩く。試しに身近な人を想像してみたが、どうしてもそこにいるイメージが浮かばない。安らぎの地を探す旅。虚無感や後悔の念を抱きながら、このまま一生を終えていくのだろう。

幸か不幸か、自分にはこんな生き方しかできない。それでも彼女といれば楽しい。今にも破裂しそうで、息苦しくなっても我慢できる。ただ笑顔を見せられないだけ。空き家であっても構わない。生きているうちにそのドアを開けて下さい。

*MySpaceでこれ以外の7曲がフルバージョンで聴ける。

Play Full Length (imeem.com)
Play And Download (iTunes Music Store)
Play And Download (Amazon.com)

Play Best Tracks

Ragnheiður Gröndal Official Website
Index: Best Tracks

関連サイト:
ICELANDia アイスランド音楽ショップ

No comments:

  Archive: