Thursday, July 02, 2009

Donavon Frankenreiter, Call Me Papa

切なる思い

卵巣ガンの手術から9年後、今度は夫が肝臓ガンと知らされる。余命はわずか半年。その1ヵ月後には彼女自身のガンも再発し、通算4度目の手術。夫の海外赴任でアメリカでの生活を始めた矢先の出来事だった。


Donavon Frankenreiter (2004)

手術は無事成功。退院したその足で(夫のいる)ホスピスに行くと、夫は一緒に帰りたいと言う。連れて帰りたい気持ちで一杯だったものの、術後の痛みに耐えられず断念。翌日来ることを約束して別れた。

ところがその夜、夫の容態が急変。帰らぬ人となってしまう。鎮痛剤を飲んで休んでいた彼女は電話に気づかず、知ったのは朝。夫に対する申し訳ない気持ちと連れて帰るのだったという後悔の念。そんな思いが頭から離れない。

You can call me papa
And I'll call you baby
Don't forget your mama's my, baby too

Wherever you go, whatever you do
I will be there, I'll be there for you
You know i'll be there, I said i'll be there

一緒にいたくても、いられない時もある。どんなに願っても、叶わないこともある。だからこそ人は歌い、言葉にするのだと思う。心の底から湧き上がる切なる思い。ほんの少しでも耳を傾けてくれたら、世の中はきっと変わるだろう。

*過去記事のタイトルを変えて加筆

Play Full Length (Grooveshark.com)
Play And Download (iTunes Music Store)
Play And Buy (Amazon.co.jp)

Play Best Tracks

Donavon Frankenreiter Official Website
Index: Best Tracks

参考:
マキノ出版|書籍・ムック 今あるガンが消えていく食事

No comments:

  Archive: