Monday, June 29, 2009

June28,09 @ NYM W4-2

Rivera gets No. 500
メッツ vs. ヤンキース [2009年6月29日]

それでも勝てるヤンキース

先発のウォンは5.1回を投げて4安打2失点。ローテーション復帰後の数字としては一応ベストだが、ボールが高めに浮くなど課題のほとんどは未だ解決されていない。この日はスライダーに加えチェンジアップも多投。以前も書いたように、シンカー主体のピッチングは(現時点で)限界なのかも知れない。



先発復帰後のスタッツはご覧の通り。レッドソックスやレイズならともかく、過去3試合の対戦相手はいずれも強打とは程遠いチーム。本来の調子を取り戻せばまだまだやれる選手だが、追う立場で果たして待つ余裕があるかどうか。ペティットの成績次第ではさらなる補強も考えられる。

投球回/自責点 4.2/5→2.2/3→5.0/3→5.0/3→5.1/2 (平均防御率6.35)

試合の方は士気の落ちたメッツが自滅。主力選手がここまで離脱してしまうと、散漫なプレーもある程度は仕方がない。9回には1点ビハインドでKロッドを登板させる執念の采配もあったが、結果的にはそれも裏目(押し出し四球)。直後に黙って下を向いたマニュエル監督が愛おしく思えた。

Twitter / KMFIS: Game75 at NYM: 連続四球で1死1.2塁 ...

逆にジラルディはわがままな野球観にこだわる采配。次打者が三振したからいいようなものの、満塁になったらどうするつもりだったのだろう。4回に失った2点目も明らかに余分。5回のバント(*1)はちょっと考えられない。それでも勝てるのだから、やはりこのチームは恵まれている。(*1)盗塁成功率>バント成功率

Video:
Recap: NYY 4, NYM 2
Wang's strong start
Mo gets No. 500

関連記事:
June30,09 vs SEA W8-5

関連ニュース:
ヤンキース・リベラが通算500セーブ!
Rivera takes place in history with No. 500

No comments:

  Archive: