Tuesday, May 05, 2009

May4,09 vs BOS L4-6

Hughes can't help
ヤンキース vs. レッドソックス [2009年5月5日]

去年の二の舞

先発のヒューズは4回4失点で降板。好投した前回とは対照的な内容だが、どちらかといえばこれが本来の姿。詳しくは日を改めて書くとして、精度の高いコマンドか変化球(*1)を身につけない限り苦戦は続くと思う。(*1)ナックルカーブ以外

Posada's hamstring forces him to DL

途中交代したポサダが右太ももの故障で戦線離脱。表向きには6回のスライディングが原因とされているが、実はそれ以前の28日にも同様の理由でスタメンを外れている。おまけに翌日からは3日連続でフル出場。故障はつきものとはいえ、呆れてものが言えない。

追記:前回痛めたのは左太ももとのことで、今回の故障とは無関係。いい加減なことを書いて申し訳ない。

4/28-5/4 PH-C-C-C-PH/C-PH (C=捕手、PH=代打)

試合の方は先行されて届かないという毎度お馴染みの負けパターン。2番手のアセベスはよく投げたが、ビハインドなりの継投をすれば拾えるものも拾えない。ポサダの復帰は少なくとも2週間、不振のマルテも利き腕の故障を理由にDL入りした。

Video:
Recap: BOS 6, NYY 4
Posada injures his hamstring
Girardi gets ejected

関連記事:April27,08 @ CLE W1-0

No comments:

  Archive: