Tuesday, April 14, 2009

April13,09 @ TB L5-15

Wang struggles
レイズ vs. ヤンキース [2009年4月14日]

5得点で3敗目

先発のウォンが2回持たずにノックアウト(*1)。高めのボールは減ったものの、配球も含めて前回とほぼ同じ内容だった。コントロールの問題はさておき、心配なのが球速。故障の影響かトレーニング不足なのかは分からないが、90マイル前後しか出ないようならローテーションを見直す必要すらある。(*1)1回でKOは自己ワースト

大敗ヤンキース、一塁手が投手起用で1回零封「こんなの2度ない」

「興奮したし楽しめたね。こんな機会は今後、絶対ないだろうね。本当にチームは良くなかったから。笑って済まして何とか前に進むために、たまたま起用されただけだよ」

ブルペンを温存したいのは理解できるが、実際ここまでやる必要があるのだろうか。打って当然、凡退なら屈辱。相手にとっては面白くないはずで、理にかなってはいても賛成できない。一説にはジラルディと仲が悪いといわれるポサダも、これには怒りをあらわにしていた。野手がマウンドに上がったのはヤンキースでは12年ぶりとのこと。

8回ウラ 左中間のフライ→ガードナーとカブレラが奪い合い→ガードナーが捕球

仲が悪いといえばこの2人。通常こういう場面では捕球後にちょっとしたコミュニケーションがあるものだが、当のガードナーは振り向きもしなかった。ライバル同士とはいえ、スウィッシャー同様見ていて気持ちのいいものではない。本当に仲が悪いかは不明。

Video:
Recap: NYY 5, TB 15
Post Game Plus
Swisher the pitcher

No comments:

  Archive: