Friday, February 20, 2009

Kurt Carr Singers, For Every Mountain

明日はいい日でありますように

他のものは奪われても尊厳だけは捨てず、励まし合いながら生き抜いてきた人たち。そこには祈りがあり、歌があった。はかなくも力強いそのメッセージは、時を経た今でも色あせることはない。明日はいい日でありますように。ささやかな思いを胸に、皆今日という日を生きている。


No One Else (1997)

あれから1年半、アメイジンググレイスの好きなあの人が再び手術を受ける。前回ほど状況は悪くないらしいが、とても無関心ではいられない。かといって何ができるわけでもなく、ただ無事に終わるのを祈るだけ。明日はいい日でありますように。今頃は手術台の上だと思うが、そんな日が来るのを願う。

この曲は何気ない日常に対する神への賛歌。人の魂(意識)はどこまでも気高く、1つになった時それは天に届く。こうして改めて聴いてみても、そんな情景が頭に浮かぶ。神が導く正しい道。たとえ神がいなくても、そう思わせるだけの力がこの曲にはある。

Play Full Length (YouTube)
Play And Download (iTunes Music Store)

Play Best Tracks

Kurt Carr on MySpace Music
Index: Best Tracks

関連サイト:
ゴスペル (音楽) - Wikipedia

No comments:

  Archive: