Saturday, November 03, 2007

Stand Alone

オレ流究極の非情さい配で悲願V

何を隠そう、子供の頃から大の中日ファン。今でこそ熱意は薄れたが、当初は応援用のメガホンを日本から送ってもらったこともある。ヘンな制度の恩恵とはいえ、日本シリーズ制覇はファンになってから初めて。メガホンを送ってくれた友人も喜んでいることと思う。

監督としての落合を形容する時、必ずと言っていいほど使われるのがオレ流。この上なく陳腐な表現だが、個性的な人物だけに分からなくもない。一時はプロボウラーを目指し、紆余曲折の末プロ入り。独特のバッティングフォームと誰にも真似できない高い技術。

あれだけの成績を残しながら、名球界入りをかたくなに拒否。当時最も格の低かったテレビ朝日を経て、最後はスポーツ新聞社付けの解説者。そんな落合が、コーチ経験もないまま監督に抜擢される。その時友人と交わした会話は、おおよそこんな感じだった。

「チームをオモチャにするか、強くするかのどっちかだね」

奇をてらう部分が突出すればオモチャ、能力はあるので真面目にやれば強くなる。お互い人物像は一致していたので、自然とこんな結論になった。開幕投手が川崎と聞いた時はてっきり前者だと思ったが、フタをあけてみれば就任1年目にしてリーグ優勝。

根拠のないセオリーにとらわれず、独自の采配と起用法でここまできたのはお見事。監督としての能力を証明したのは言うまでもないが、これで野球の価値観が変わる可能性すら出てきた。オレ流がオレ流でなくなる日も、そう遠くはないはずだ。

落合博満 - Wikipedia

No comments:

  Archive: