Saturday, August 12, 2006

August12,06 vs LAA W5-2

Yankees get two big homers

2本のHRで効率よく得点、投手陣も2失点と踏ん張り連敗を止めた。

ヤンキースに4点リードされた6回、エンジェルスの攻撃が実に興味深かった。1死ランナーなしからカブレラがサードゴロエラー(Aロッド、20個目)で出塁。すかさず盗塁、打者ゲレーロの四球の間に3盗を決め1死1.3塁。さらに四球で出塁のゲレーロまでも盗塁し1死2.3塁となる。ノーヒットながら機動力で一気に絶好の得点機を作ったのは見事としか言いようがない。

1死2.3塁とは2点差に詰め寄れるチャンスが2度あるということであり、成功すれば勝機は十分にあるのである。まったくの無警戒だったヤンキースバッテリーにも問題はあるが、ここは相手を褒めるべきだろう。ちなみにエンジェルスはチームの盗塁数リーグ1位、大砲揃いと思われがちなヤンキースは僅差の2位である。

前日に引き続きこの日、Aロッドが2本の2ベースをいずれも右中間に運んだ。常識的に考えれば復調の兆しと見ていいだろう。ただし対象がAロッドなだけに何とも言えないというのが本音ではある。

相変わらずボールが先行するも5.1回2安打自責点1と結果を出した先発ライト、逆転3ランHR(2回1死1.3塁、0-1)など2安打3打点のカノーと2ランHRを打ったデーモンが評価の中心。他では8、9回を抑えたブルペンの二人にポイント。

MVP Points Today/J Wright3 R Cano3
J Damon2 Farnsworth1 M Rivera1

MVP Points Total/C Wang18 D Jeter15 M Cairo12 J Giambi12
M Cabrera12 M Rivera11 J Damon11 B Williams10 A Rodriguez9
J Wright8 M Mussina7 A Guiel6 S Proctor6 J Posada5 R Johnson5
R Villone5 K Farnsworth5 B Abreu4 R Cano4 A Phillips3 C Lidle3
C Wilson3 B Crosby2 S Ponson1 K Wilson1

No comments:

  Archive: