Friday, July 28, 2006

July28,06 vs TB W6-0

Wang notches shutout

忘れかけていた完封という言葉を思い出させてくれたゲーム。
こんなゲームならトーリに腹を立てる必要もないので見る方も楽である。

ただ攻撃面においては課題も残した。無死又は1死でランナーが3塁にいる場合、外野フライか緩い内野ゴロで得点が可能である。実はこのゲームでそういう場面が4度もあったのだがいずれも次打者が凡退している。

Aロッドにいたっては(記憶が確かなら)ここ5試合で4度連続凡退するありさま。その後のタイムリーで得点しているケースが多いため注目されにくいが、取れる時に取るというのは野球が点取りゲームである以上勝敗を分ける大きなポイントになるのである。そういう意味でも松井のような確実性のある打者が今のヤンキースには必要なのだ。

これで4連勝、レッドソックスに0.5ゲーム差に迫りワイルドカードレースでは僅差ながら首位に立っている。シェフィールドの復帰も目前なだけに、後は先発4.5番手と故障を抱えながらプレーを続ける選手たちの踏ん張り次第と言えるだろう。

トレード期限も残すところ数日。
果たしてヤンキースはどう出るのか。

2安打完封のウォンが文句なくMVP。他では先制タイムリー(1回2死3塁)のAロッド、2点タイムリー(2回二死2.3塁、1-0)など3安打のジーターにポイント。

MVP Points Today/C Wang7 A Rodriguez1 D Jeter2

MVP Points Total/C Wang12 M Cairo10 D Jeter10 M Cabrera9
J Giambi7 B Williams7 A Guiel6 S Proctor6 M Rivera5A Rodriguez5
M Mussina4 J Damon3 R Johnson3 A Phillips3 K Farnsworth2
B Crosby2 J Posada1 J Wright1 S Ponson1R Villone1 K Wilson1
S Chacon1

No comments:

  Archive: