Friday, August 01, 2014

Yankees Trade Summary 2014

今季の主なトレード

[7/31]
獲得: スティーブン・ドリュー+0.5M .176/.255/.328 5M/14.1(今季満了)
放出: ケリー・ジョンソン .219/.304/.373
DFA: ブライアン・ロバーツ .237/.300/.360

守備が不安定だったロバーツに代わって正二塁手として起用されるらしいが、ドリューはマイナーを含めて2Bの経験がなく、守備力強化になるかは疑問。打撃面ではご覧の通りの惨状で、仮にスランプ(通算OPS.757)だとしても早期の揺り戻し必須。言ってみれば4.5M使ったギャンブルに等しい。

[7/31]
獲得: マーティン・プラドー .270/.317/.370 3,6/11/11M(2016年まで)
放出: ピーター・オブライエン(C/1B/3B) .267/.312/.593/33HR(AA-AAA)

まず引っかかるのが再来年まで残る契約。内外野守れるのは利点だが、今季の成績程度では11Mの価値はない。ドリュー同様復活(通算OPS.764)が必須で、さもなければ新たな不良債権を抱えることになる。長打力が平凡な右打者、初めてのALというのも懸念材料。オブライエンのことも含めて、またやってしまったかというのが率直なところ。

[7/24]
獲得: クリス・カピュアーノ(金銭) ERA4.55(全てリリーフ) 不明/2.25M(今季満了)

ウィットリーに代わる先発投手として獲得。見た感じでは左ということ以外強調材料がなく通算防御率も4.27と平凡。ピネイダ復帰までの繋ぎと考えても物足りない。何試合登板するか分からないが、それまでに極力試合を落とさないことを願うのみ。

[7/23]
獲得: チェイス・ヘドリー+1M .229/.296/.355 4M/10.5(今季満了)
放出: ヤンガービス・ソラルテ .254/.337/.381 ラファエル・デパウラ ERA3.98(A+)

オフに獲得したジョンソンが不振、一時は救世主的な活躍をしたソラルテが数字を落としたことによる3Bの穴埋め。伸びしろが微妙なソラルテと(一応は)実績のある選手を天秤にかけた形で、こちらも復活(2012年OPS.875)期待。獲得した翌日にジョンソンがDL入りとタイミングはよかった。

[7/6]
獲得: ブランドン・マッカーシー ERA5.01(全て先発) 3M/9M(今季満了)
放出: ビダル・ニュニョ ERA5.42(14先発/17試合)

頭打ち状態のニュニョに代えて今季平均で2マイル球速アップしたマッカーシーを獲得。着眼点がそこだったかはともかく、投球を見る限り十分に試合を作れそうでキャッシュマン久々のグッドジョブ。

*成績は全て移籍前/今季

KMFIS (mlbonkmfis) on Twitter
YankeesJP on Twitter

#NYYHS2014 - Twilog(今季の主な動き)

No comments:

  Archive: