Wednesday, March 11, 2009

Spring Game vs CIN W7-1

Lesser-known Yanks hold off Reds
Boxscore: Cincinnati vs. NY Yankees - March 10, 2009

Joba Chamberlain / ジョバ・チェンバーレイン 投球回3.0 被安打3 奪三振3

前回の登板ではまったくストライクの入らなかったチェンバーレイン。中継がなかったので何とも言えないが、この日のピッチングを見る限り心配なさそう。ストレートは最速で96マイル。変化球(*1)のキレも上々で、開幕に向けて徐々に調子を上げてきている様子。(*1)カーブとスライダー、チェンジアップ

Hideki Matsui / 松井秀喜 2打数 1安打(2ベース)

第1打席は真ん中のストレートをライトフェンス直撃(ヒットで生還)。2打席目こそ内野ゴロに倒れたが、3打席目はフルカウントまで粘って四球と松井らしさが出ていた。ただポジションの被るポサダは左打席が得意なので、開幕スタメンは微妙。膝の方は問題ない。

Kei Igawa / 井川 慶 投球回2.0 被安打0 与四死球0 奪三振2

これで3試合連続の無失点。未だに四球は出していない。何度も首を振ってストレートを外角一杯に決める(三振)など、この日は全てにおいて余裕があった。このまま好投を続けてもベンチ入りは難しいが、他チームへのアピールにはなるので頑張って欲しい。参考までに背番号は元の29(*2)に戻っている。(*2)ネイディ29→22

Cody Ransom / コーディー・ランサム 3打数 2安打 1打点

ユーティリティープレーヤーとして25人枠が確実視されていた選手だが、Aロッドの離脱で開幕スタメンが濃厚。オープン戦も.346と調子がいい。守備と肩は平均レベル、俊足に加えて長打力もある。本来は打率を残すタイプではないが(*3)、理想的ともいえるフォームだけにある程度は活躍するかも知れない。(*3)マイナー11シーズンで.242

Brett Gardner / ブレット・ガードナー 3打数 2安打 1打点

このオフ最も当たっている(.417)選手。インパクトの瞬間に膝が伸び切ってしまうのは感心できないが、変化球にも対応するなどフォームを改造した(*4)効果はありそう。守備では判断ミスで打球を逸らし、チェンバーレインに自責点をつけた。カブレラとの対決は世論的にも勝負がついた格好。(*4)去年のシーズン後半にオープンスタンスを矯正

Juan Miranda / ホアン・ミランダ 3打数 1安打 1打点 HR1

キューバ出身の25歳。いかにも打てそうな体型で、試合では特大のHRを放ちパワーを見せつけた。順調なら数年後にはスタメン(1塁手)のはずだが、テシェイラの獲得でそれも白紙。ただし外野へのコンバートかDHならチャンスはある。

Bombers Beat: 3/10 - Yankees vs. Reds

「Mike Mussina was in the clubhouse as a visitor here today. He's in Tampa on vacation with his family and very happily retired」

「A sweaty Andy Pettitte hugged Mussina, and Joe Girardi asked Mussina if he'd get dressed or throw out the first pitch. Mussina said no to both. Phil Coke dropped by and Moose thanked him for the outs he recorded in wins No. 19 and No. 20 last year」

休暇中のムシーナがクラブハウスを訪れ、チームメイトと再会。ジラルディに現役復帰か始球式を打診されたものの、両方とも断ったらしい。また20勝の立役者コーク(*5)には改めて感謝の気持ちを伝えたとのこと。(*5)最後の2勝はコークがホールド

Video:
Joba's K
Miranda's solo shot

関連サイト:
井川が背番号「29」を受け継いだ男~“Catfish”
マイク・ムッシーナ - Wikipedia

No comments:

  Archive: