Thursday, March 06, 2008

Sorry Excuse My Life

言い訳と後悔ばかりの人生

一時はミュージシャンとして成功するが、兄との確執でバンドは解散。その後はドラッグに溺れ、乗っていた飛行機は墜落。40人あまりの生存者と共に、何もない島での生活が始まった。ここでは地位や名誉は何の役にも立たない。生身の人間として、どれだけ価値があるのかが試される。


(C)Copyright ABC Television Network

音楽を奪われた彼に残っていたのは、利己的で奥行きのない人間性。当然信頼など勝ち取れるはずもなく、疎外感に苛まれるようになる。状況を改善するためにも、自己と向き合おう。そう決心したまではよかったが、簡単にリセットできるほど積み上げてきた時間は軽くない。

そんな時、ふとある女性に惹かれているのに気づく。なかなか思いは伝わらなかったが、それでもいい。時には憎まれ罵倒されながらも、ただひたすら思い続けた。彼女を守るのは自分しかいない。使命感と愛が交錯しながら、彼は新しい生き方を見つけていく。

自我を捨て、他人を思いやることが全て。以前とは違った自己を確立した彼は、自然と周りから受け入れられるようになった。その思いはついに彼女にも届くが、ある男から思いも余らぬ運命を告げられる。

その男に見えるのは未来の断片。数日後には死ぬ運命にあり、それは誰も止めることはできない。行動を変えることで一時的には回避できるが、軌道はすぐに修正され死ぬこと自体は変えられない。実際何度も助けられたが、その度に新たな運命はやって来た。

それでも彼は戦い続けた。死ぬのは時間の問題とはいえ、今の自分には守るべきものがある。たとえ死ぬ運命でも、指をくわえて見ているわけにはいかない。そんな彼の元に、新たな断片が届く。もちろん戦うつもりだったが、今回は少し様子が違っていた。

死ぬ運命に変わりはないものの、断片の最終章は彼女が救出されるシーン。死を拒否することはできるが、そうなれば彼女が助かる断片も消える。未だ救出の見込みもない。彼は運命を受け入れ、1枚のノートをその男に託す。そのノートには、人生で最高の瞬間が記されていた。

「Five Best Moments Sorry Excuse My Life (Greatest Hits) 」

これはLostに出てくるチャーリーの物語。最悪な思い出の中から、一生懸命探している姿が今でも頭から離れない。こんなことに感情移入するのは、自己を投影してるからでもある。実際自分なりのベスト5を考えてみたが、何一つ思い浮かばなかった。

一般的な生活をする人にとって人生とは曖昧で、実像は掴みにくい。オリンピック選手のような抑揚はないので、そういう意味ではこれで普通なのかも知れない。ただ何もないというのはやはり問題。まだ死ぬような歳ではないが、何かを思い知らされた気がする。

LOST Video Island - "How To Save A Life"

このビデオは、そんなチャーリーに捧げるオマージュ。曲がハマり過ぎているというのもあるが、本編を見ている時より切なくなる。ビデオの最後に出てくるRIPはRest in Peace、ノートに書かれた1位はこれだった。

「The Night I Met You」

関連サイト:Greatest Hits (Lost) - Wikipedia, the free encyclopedia

No comments:

  Archive: