Friday, November 30, 2007

Domicile

ニュースの意味と帰る場所。

2週間ほど前、ジーターがニューヨーク州の税務局と揉めているという報道があった。大きなニュースではないが、ヤンキースファンなら覚えている人も多いと思う。タイガー・ウッズがそうなように、フロリダに住居を置く著名人は少なくない。もちろんそれが節税対策なのも知っていたので、当初は特に関心がなかった。


(C)Copyright Free Software Foundation

ところが今日、改めてその記事を読んで気が変わった。理由はいくつかあるが、最も大きいのは報道の仕方に疑問を感じたから。誰かが死ねば死因を知りたくなるし、犯罪を犯せば動機が気になる。ありのままを伝えるのもニュースだが、その背景に触れないことにはニュースとは言えない。

5つ子が生まれましたと言ったところで、ただそれだけではニュースにもならない。そこに希少性があるからこそ報道する価値が出てくるのであって、当然その希少性には触れる必要がある。前置きが長くなったが、前述のジーターの記事はこんな内容。

「ヤンキースのジーターが納税についてニューヨーク州の税務局と論戦を繰り広げていることが判明した。AP通信によると、同税務局側は01年に松井も住む高級アパートを購入し、同年から03年まで住んでいたと主張。一方のジーターは、住居がフロリダ州タンパにあり、ニューヨーク州に納税義務はないとしている。課税額は数億円に上る見込みだ。」

転載元:ジーター 税務局と数億円懸かった論戦(スポーツニッポン)

予備知識がないまま読むと、何のことだか分からない。ニューヨークを本拠地にするヤンキースのジーターが、なぜフロリダに住居を持っているのか。課税額が数億円にまで達するような事態を招いたのはなぜか。文脈から判断できなくもないが、はっきり言って説明不足。逆に脱税したと勘違いする人さえいるだろう。

「フロリダ州には個人所得税という制度がないため、主張が認められなければ差額の数億円が課税される。」

詳細な説明は必要ないが、このようにほんの少し手を加えるだけで本来のニュースになる。松井の住む高級アパートなどの修飾語を付ける暇があるのなら、もう少し考えてもらいたい。このAP通信の記事をこぞって垂れ流しているのにも大いに問題。

ヤンキースのジターはNYには住んでいない?: 専門家のためのアメリカ・タックス

いろいろ調べているうちに、こんなブログを見つけた。いかにも苦そうなジターはさて置き、背景や詳細はほぼ完璧に分かる。このニュースに興味のある人は、覗いてみるといいだろう。あまり関係ないが、プロフィールを見る限り向上心の塊のような人で好感が持てる。

この記事にDomicile(たぶんドミサイル)という単語が出てくる。法律用語で住居や住所を示す言葉らしいが、この定義が面白い。詳しくは記事を読んでもらうとして、生活の拠点以上にホームタウン的な要素が争点になるとは思ってもみなかった。

ニューヨークに住んでまだ10年だが、ここに帰ってくると正直ほっとする。言葉の面では日本の方が圧倒的に楽だし、もちろん嫌いなわけでもない。このままここで暮らしていくことに不安だってある。それでもそう思うのはなぜだろう。自分にとってのDomicile、ちょっと考えさせられた。

2 comments:

Anonymous said...

突然のメール失礼いたします。
ニューヨーク生活情報掲示板の管理人です。
住居探し、求人情報、売り買いなどの情報を情報交換できる便利な掲示板を運営しております。

在住者のための無料ブログ登録もございます。ぜひ貴ブログをご登録いただけないかと思い、ご連絡させていただきました。
以下のページよりご登録いただけます。
http://nyjapan.com/blogForm.jsf
お気軽にご利用いただければ幸いです。
よろしくお願いいたします。

KMFIS said...

わざわざありがとうございます。
早速登録させてもらいました。
こちらこそよろしくお願いします。

  Archive: