Thursday, September 13, 2007

September12,07 @ TOR W4-1

Yanks' run reaches seven
Box Score (MAJOR.JP)

勝っても負けないライバルチーム

ヤンキースの先発はムシーナ。今日の試合で投げるケネディを5番手とすると、非常勤の先発投手ということになる。何度も書いているが、この投手は球速が生命線。当初は年齢的なものと考えられていたが、どうやらそうではないらしい。

ストレートは最速で91マイル、平均しても89マイルは出ていたと思う。コーナーに投げ分けるコマンドも機能し、最後まで球速も落ちなかった。

主審の微妙な判定もあって制球には苦しんだが、その分味方の守備に助けられて5.2回を無失点。打たれたヒットが全て単打だったことも大きい。結果を出したことはもちろん、球速が戻ったことが何よりも明るい材料。

以前YESの番組中で紹介されていたが、ムシーナは登板間隔を空けた方が成績がいい。はっきりとは覚えていないが、中4日と5日以上ではかなりの差があった。たった1日でそれほど変わるとも思えないが、実際この日の登板は中8日。サンプル数も少ない強調データとはいえ、まったく無関係でもないだろう。

相手先発のマクガーワンから4点を奪ったヤンキースだが、打ったヒットはわずかに3本。結果的には四球やワイルドピッチで自滅したものの、ポテンシャルはかなり高い。なぜこんなことを書くかというと、このマクガーワンがチェンバーレインに似ているから。

参考:McGowan strikes out six

95マイルを超えるストレートに、80マイル台後半のスライダー。マクガーワンの投球を見れば、来季(先発)のチェンバーレインはある程度想像がつく。21日からの4連戦でもう一度投げるはずなので、興味があればその時に見るといいだろう。

Video:
Cano's big night
Matsui's RBI double
A-Rod's diving stop

No comments:

  Archive: