Tuesday, April 10, 2007

April9,07 @ MIN W8-2

Bats back strong Pavano
Box Score (MAJOR.JP)

先発投手が初勝利、Aロッドは3試合連続HR。

今季初のクオリティピッチ(7回2失点)を見せたのは意外にもパバーノ、自身も約2年ぶりの勝利となる。全体的に球が高く内容はよくなかったが、ツインズ打線と味方の守備に助けられた。無四球は評価できるものの、今後に繋がるピッチングとは言いがたい。よくも悪くも防御率4点台前半の投手、むしろ8失点のポンソンの方がよく見えた。

「Aロッドは松岡修三」

これは何年も前から思っていたことで、2人の共通点は多い。非凡な身体能力とメンタル面の弱さ、一度調子に乗ると手がつけられない。自分に満足するとお構いなしに話しかけるが、相手の話は聞いているフリだけ。意味もなく1人で頷くところまでそっくりだ。

この日も豪快な一発を叩き込み、すでに6試合で5本目。これはヤンキースのフランチャイズレコードで、その気になればAロッドに不可能はないということだろう。

最後はツインズの話題。この日DHで先発出場したレッドモンドだが、本来の守備位置は捕手。調べてみるとなかなかの好打者で、さらに捕手の控えがもう1人いた。チーム事情が違うため一概には言えないが、打撃の要であるマウアーが捕手であることを考えると納得がいく。試合巧者と言われる所以は、このへんにあるのかも知れない。

Video:
Abreu's HR
Cano's slick fielding
Post Game Plus

No comments:

  Archive: