Wednesday, February 28, 2007

Sweetback, Blue Heights

友人にして芸術と言わしめた曲

スウィートバックと聞いてもピンと来ないかもしれないが、スムースジャズで有名なSadeなら知っている人もいるかと思う。

そのSadeからボーカルのSade Aduを除いた3人組がこのスウィートバック、Sadeの4分の3と形容されることも多い。参考までにスムースジャズという言葉は、Sadeの名曲Smooth Operatorが語源とされる。


Stage [2] (2004)

時代を反映しながらも奇をてらわないトラック、多種多様な音楽性はまさに大人の音楽。Sade Aduの個性が突出したSadeとは一味違った魅力がある。

独特の世界観とストーリーを持つこの曲は、音楽と言うより芸術に近い。混沌としたピアニッシモが演出するダイナミズムは鈍器に打たれたかのごとく衝撃的、そこには底知れぬ奥行きを感じる。これほど内省的で圧倒感のある曲はあまり記憶にない。

散々探してはみたが、フルバージョンは見つからなかった。展開が全てとも言える曲だけに残念だが、それ以外ならここでかなりの数のフルバージョンが聴ける。(要ログイン

Play Full Length (imeem.com)
Play And Buy (Amazon.co.jp)

Play Best Tracks

Playlist Updated:
それと直接は関係ないが、このブログの最下部にミュージックプレーヤーを置いてみた。今回の曲はこのアルバムでBlue Heightsの次に好きなLover。

Play Sub Tracks

Sweetback Official Website On Sony Music
Index: Best Tracks

No comments:

  Archive: