Tuesday, January 30, 2007

The Pop Group, Forces Of Oppression

ポップに定義などない
遠い昔のブリストルからのメッセージ

ゴダールが映画においての娯楽に新たな解釈を持ち込んだように、ファンクやフリージャズを独特の解釈でロック(ダブ)へと融合させたのがこのポップグループ。既存を破壊することがパンクだとすれば、彼らの音楽はまさにゴダールの分断と再構築そのものだ。


For How Much Longer
Do We Tolerate Mass Murder? (1980)

ポップグループがその後に与えた影響は絶大で、特にマッシヴアタックに代表されるブリストルサウンドは彼らの存在なくしては考えられない。実際それを証明するかのように、トリッキーのファーストシングルにはDedicated To Mark Stewartのクレジットがある。

音楽とは食べ物に似た嗜好があり、先入観と耐性に支配されることが多い。逆に言えば、先入観に左右されず耐性を身につけることが本質に近づく必要条件になる。もっとも音楽に精神性を求めていない人にとって、こんな能書きは余計なお世話だろう。

さて今回の曲だが、率直に言って理解できる人は少ないと思う。もしかしたら不快感しか残らないかも知れない。ただ前述した通り、受け入れる姿勢さえあれば理解は可能。

個人的には最も影響を受けた曲の1つで、イントロを聴いただけで熱いものが込み上げてくる。全ての不満や叫びを代弁してくれるような、自分にとってはそんな曲だ。

さんざん調べたがこのアルバムは廃盤になっているらしく、現状では試聴はおろか入手することすら難しい。何とか試聴だけはできるので、興味があれば聴いてみて欲しい。

参考までにこの曲自体はWe Are All Prostitutesという編集盤にも収録されているようだが、肝心のケチャを思わせるイントロはカットされているとのこと。

Play Full Length (YouTube)

Play Best Tracks

The Pop Group Unofficial Website
Index: Best Tracks

No comments:

  Archive: